家計から考える あなたにピッタリな保険

会社で社長の交代があり、給与を下げられました。そして我が家では出費を抑えるために保険の支払いを下げました。

家計から考える あなたにピッタリな保険
家計から考える あなたにピッタリな保険

給与の激減で保険の支払いを削減

私は入社7年目の35歳です。

私は今の会社に入社するために難関だと言われる試験に三回も挑戦しやっとの思い出入社しました。
合格し入社当時は給与も良く勤続一年目には結婚し、マイホームを購入して二人の子供にも恵まれました。
しかし入社三年目の時のことです。

私の勤めている会社では社長が四年周期で代わる会社だったらしく入社三年目が調度その時に当たっていたのです。

私は初めてのことでそんなに気にもせずのんきな感じで構えていると、他の社員のベテランさんたちは今度はいったいどうなるのだろうと心配そうな感じでいました。
そして私は気になったので今までの社長交替の経緯を聞いたのです。

聞けば社長が交替するたびに給与が下がるいっぽうらしいので、今回も何が起こるか解らないと言っていました。

実際、交替して一年目のことです。

みんなが懸念していたように給与の態系が変わると発表があり、すぐに開始されると伝えられました。
今回で四度目の変更らしくみんなは労組で話し合いをすると意気込んでいました。
しかしボーナス支給もあるこの会社では、給与は変更しないがボーナスがなくなるかもしれないという条件をだしてくるかもしれないので、今回も給与引き下げでボーナス支給ありで黙って納得するほかありませんでした。
その翌年からすぐに給与は下がり、解りやすく言うと一月に十万円ほど下がったのです。

我が家では何かと出費も多く妻にはこの先大丈夫なのかとかなり問う詰められました。
そして妻と支払いを見直してみると、我が家では保険関係の出費が多く削れる部分はないかと模索していました。
そしてたどり着いたのが生命保険を今までは六万円ほど支払っていたのですが、これを半分にすることにしました。
もちろん半分にしたわけですから、受け取り金額も大幅に減るとなり別の意味で将来に不安すら感じるようになりました。
この先もこんな感じで給与は減っていくのでしょうか、世間では景気が少し回復方向に喜んでいますが私の会社では喜んでいられないのが現状です。

おすすめ記事

Copyright (C)2018家計から考える あなたにピッタリな保険.All rights reserved.