家計から考える あなたにピッタリな保険

給与所得者は保険料も年金も住民税もごまかしようがありませんが、自営業者は申告を低く抑えており不平等です。

家計から考える あなたにピッタリな保険
家計から考える あなたにピッタリな保険

給与所得者と自営業者との保険料不平等

健康保険料が所得に応じて決められることは皆さんご存知のことと思います。
給与所得者は給与から天引き、自営業者は申告上の所得に応じて社会保険料、あるいは国民健康保険料を支払います。
ここが年金とは違うところです。

税金と同じですから所得の多い人ほど多く支払うのは理にかなっているように思えますが、高所得者ほど忙しくて病院にかかる暇もないわけで、不平等な仕組みであることは否めません。累進課税制度に異を唱えるつもりはありませんが、少なくとも体が健康なのに働きもせず生活保護を受け、医療費も保険料も年金も免除されるなんてことはあってはならないと思います。
そんな人に限って暇なので病院ばかり行きます。
見直しが必要です。

もうひとつは自営業者と給与所得者の不平等についても見直していただきたいと思います。
給与所得者は税額もごまかしようがありませんが、自営業者は私の知る限り100%、まともに所得を申告していません。高級外車に乗り、年に2回は海外旅行をしている人が、申告上は年収200万以下、なんてことがまかり通っています。
当然申告上の所得が低ければそれに伴い税金も安くなります。
年金は一律で平等ですが、国民健康保険料や住民税は所得に応じて決められます。
住民税は一定以下の所得で非課税となります。
それでいて住宅ローンの審査や養育費を貰う側になると、申告は低いけど実際の所得は多いです、などと平気で言います。
脱税は犯罪、という意識を持っていただきたいと思います。

おすすめ記事

Copyright (C)2017家計から考える あなたにピッタリな保険.All rights reserved.