家計から考える あなたにピッタリな保険

保険をきちんとかけるにあたり一番確実なのは、給与天引きであるが、そのメリットとデメリットについて検討する。

家計から考える あなたにピッタリな保険
家計から考える あなたにピッタリな保険

保険支払いの給与天引きのメリットについて

保険とはどんなものでしょうか。一般的には保険は、保険会社によって、保険の対象となっている範囲に関して、損害が発生したときに保険会社が保険加入者に代わって、損害を補填するものです。

ですので、保険は絶対かける必要のあるものかといえば、必ずしも加入する必要性はないでしょう。
しかし、大抵保険の対象となっているものは、その損害が発生した場合、余程裕福でお金を保有している人でない限り、その損害を一括でなかなか補填するのが難しいものばかりです。

例えば、保険商品の代表的なものには、自動車保険など、交通事故を起こしてしまった場合の物損は勿論のこと、人損についても損害を補填してくれます。
生命保険は保険対象者が死亡した際に残された遺族にある一定の財産を残してくれます。
医療保険については、対象者がある病気にかかった際、入院費などを一部補填してくれます。
これは長期入院になった場合は多額の費用が必要になりますので、大きなお金を補填してくれますよね。そう思うと、保険は一般的な所得しかない人にとっては加入しておいた方がよいものになります。

しかし、保険はあくまで任意のものなので、自ら率先して加入しないといけません。また、毎月の支払い保険料を決められた期間必ず支払わないと、保険契約を打ち切られてしまったりします。
このような保険の性質から、保険はやはりより安全に確実にかけたいと思いますよね。そうなると、一番安全で確実な方法は、給与天引きだと思います。
特に給与天引きのメリットは確実にお金があるうちに会社が天引きしてくれるので、滞納になりにくい、また会社が支払ってくれるので払い忘れなどが起こりにくいという点です。

また、保険には団体割引などがあるので、給与天引きされる場合、通常加入するより安い保険料である場合が多いということです。

しかし、反面、何らかの払戻手続が要した場合には、会社に対して申請したり、会社から書類をもらったりなど一つ間を挟むことになるので、時間がかかる可能性があるということでしょう。その点を踏まえても安全性には給与天引きは絶対的だと思います。

おすすめ記事

Copyright (C)2017家計から考える あなたにピッタリな保険.All rights reserved.